• ホーム
  • フォークダンス連盟とは

フォークダンス連盟とは

フォークダンス連盟とは

フォークダンスは文化と、世代と、笑顔の架け橋です。

フォークダンスとは民俗舞踊のこと。
その昔、狩りの収穫を祝って踊ることから始まったといわれています。
シンプルなステップで一体感を感じられる。
手と手を取りあうことで友情が生まれる。
言葉や文化、年齢の違いを超えて、みんなでひとつになれることが、なによりも大きな魅力です。
私たちはこのフォークダンスを、
もっと多くの方に楽しんでいただくためのお手伝いをしています。

全国会員10万人とともにダンスの楽しさを伝えます。

地域に密着した活動からスタートしたフォークダンスは、いまや全国に広がり、全都道府県に合計49の支部が設けられています。各支部に所属する会員は全国で約10万人。5種目のダンスの普及に加え、学校教育での指導サポートや高齢者の方々に楽しんでいただくレクリエーションのお手伝いなど、幅広く活動しています。

昭和31年より、ダンスの保存・普及に取り組んでいます。

第二次大戦後の長崎に教育担当官として駐在した米国人、ウインフィールド・P・ニブロ氏。彼の活動がきっかけとなり、昭和20年代にフォークダンスは全国に普及しました。各地での活発な活動を受け、昭和31年に日本フォークダンス連盟が設立。「フォークダンスの父」と呼ばれるニブロ氏の灯した火を、50年以上に亘って受け継いでいます。

フォークダンスの楽しさ、魅力をさらに広げるために。

若い世代に「おどり」の文化の多彩さを伝えています。

フォークダンスには各国のさまざまな文化が息づいており、若い世代には海外の風習やファッションという面でも興味を与えてくれます。さらにフォークダンスのひとつである日本のおどりは、地域の歴史や文化に目を向けるきっかけに。また中学生のダンス必修化を受け、学校でのダンス指導のサポートを充実させるなどの教育分野への貢献を行っています。

年齢に関係なく楽しめる趣味としてダンスを始めてみませんか。

フォークダンスの特徴のひとつは、激しい動きや複雑なステップがないこと。だからこそ、年齢を問わず多くの方が楽しむことができます。健康づくりに、仲間づくりに、地域でのコミュニケーションのために。高齢化社会のなか、長く続けられる趣味としてフォークダンスに注目が集まっています。

言葉のいらないコミュニケーション。ダンスは世界の共通言語。

ダンスの背景にある各国の文化をもっと深く理解したい。また、ダンスを通じて国境を超えた交流や友情を深めたい。こうした日本のフォークダンスに関わる人々の想いに応えるために、さまざまな国際交流事業を実施しています。昭和46年には、初めての海外研究旅行を開催。オランダなど5カ国を訪ねました。その後も海外芸能祭へのメンバー派遣、文化交流事業への参加、さらにフォークダンス交流の旅の企画など、ヨーロッパを中心に10回以上の渡航イベントを実施。また海外より指導者を招いたり、海外のダンス事情に触れられるイベントを開催するなど、幅広いレベルでの交流を支援しています。